ブログトップ | ログイン

荒川 和子

kauko.exblog.jp

今日は・・

横浜スターホテル ブルーライトのクリスマス☆

昨日は 横浜スターホテル ピアノバーブルーライトでクリスマスを歌いました~~

運転音痴のワタシですが いろんな事情で 昨日は運転して出勤~

車線を逆走してしまうくらいの ひどいドライバーなんですが ドキドキで家を出て・・・

しばし 音楽を聴きながら いいかんじ~~ちょっと スピード 上げて~60キロくらいにして~~

ルンルンだったのです・・が

しばらく走って 右折車 2台発見 その脇を するりと抜けた時・・・

キキキキ~~~って ブレーキの音が わりと 近くに!!

何? 何? なに~~どこ?? 誰が ぶつかってくる??

瞬間に頭をよぎった また次の瞬間!

ドッキャ~ン って 初めて聞く 激突音

バックミラーで見ても サイドミラーで見ても なにもわかりませんが 私は無事・・・・

いったい 何が起こったのか・・・・・・

それでも しっかり 直進

超 安全運転になって スピード 50キロに~

神のお告げか~~とか

暮れも押し詰まって 交通事故・・・・・お気の毒・・・・(あの右折車だったのか?)(わたしは触っていませんよ~右折車を押し出したりしていませんよ~)

出勤時から スリルがいっぱい~

ピンチヒッターで来てくれた ピアニスト 本間秀樹さん~

ステージで私がおしゃべりしている間 静かに クリスマスキャロルを弾いてくれていて~~いいムード~

でも ピアニストさんの譜面に照明が当たらず~ お顔にスポットとかで 譜面が見えにくいようで・・・

いただくリクエスト 本間さんは 譜面がなくても キーが解れば 弾きますよ~~って 

これがまた 私が覚えていませんから~~

長く一緒に演奏してくれている ベーしスト 小林さんに メールで ヘルプミー!

ステージに 携帯を 置いて~~ お客様にも その旨をお断りして~~~

ステージ中に メール受信!!

即 本間さんに 伝えて~~リクエスト曲に お応えした次第053.gif

小林さん キーを教えてくれる 最後のフレーズに 「本間さんによろしく~間に合ったかな?」って~

間に合った 間に合った~~ありがたい024.gif

みんなの優しい気持ちが 繋がっていたようで・・(めんどくさい性格で そんな風に感じてしまうのです006.gif

まあ 何しろ~ 色~~んな事があって~~

お客様は お断りするほど 入っていただいて~ 

昨夜の スターホテルブルーライトは かつて景気の良かった時代を 思い出させてくれるような 賑やかさ~

ただし・・・・人は たくさんいられるのに・・・し~ずかに クリスマスソングを聴いていただく…景気の良かった頃は きっと もっと ワイワイ していたかもしれませんから 今の方が しっとりとしていて 私は好きです053.gif

お越しくださったお客様 ありがとうございました040.gif040.gif010.gif

さて 前回のスターホテル ご報告に スターホテルは2階 1階は パンケーキやさん~って ちょっと間違えた名前を言っていたようでして~~
横浜スターホテル ブルーライトのクリスマス☆_d0103296_16543498.jpg

ここです~~ もう閉店後です~~11時半を過ぎている写真ですが 夕方 出勤時には 長い行列ができていました067.gif

明日は クリスマスイブ 明後日は クリスマス~~~072.gif

横浜 金沢文庫にあります料亭 金沢園で クリスマスを歌います~~~~

ここのところ 毎年 クリスマスは 金沢園で 歌わせて頂いています053.gif

和と洋 しかも 現代と 100年前が 融合するような 空間で・・・

ここだけは ヒールを脱いで~~~ 歌います~

大丈夫ですよ お客様は 靴は 脱ぎますが ライブハウスのように 椅子とテーブルが用意されていますから ~~

また レポート しますからね~~

ふぁいと~~です024.gif
by kazoonoside | 2012-12-23 17:00 | Comments(3)
Commented at 2012-12-25 21:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Paso at 2012-12-25 21:31 x
和子さん。こんばんは。
あらぁ~、和子さんも運転音痴ですか?
私も負けませんよ・・・。
素敵な歌声、ブログ見ながら想像します。
Commented by 荒川 和子 at 2012-12-29 15:36 x
>pasoさ~~ん 運転~~~ダメです~ 自転車も恐ろしいです~~
世の中の平和のためにお互い運転しないようにしましょう~~~ね~~☆

by kazoonoside